ヌーノ・ベッテンコート/Nuno Bettencourtの使用機材【アンプ・ギター・エフェクター】

  • URLをコピーしました!

国内外で活躍するギタリストの愛用機材をまとめて取り上げる「プレイヤーズ・リグ」

今回はアメリカ出身、EXTREMEのギタリスト

ヌーノ・ベッテンコート/Nuno Bettencourt

バンド以外にソロやプロデュース業など幅広く活躍。

ジャネット・ジャクソンやリアーナなど大物世界的アーティストのバックバンドもこなすヌーノ・ベッテンコートのギターやアンプ、エフェクターなど愛用機材をまとめて紹介!

目次

ヌーノ・ベッテンコート/Nuno Bettencourt|Profil

ヌーノ・ベッテンコート/Nuno Bettencourt
生年月日:1966年9月20日
出身:アメリカ・マサチューセッツ州

Biography

経歴やプロフィールの詳細

ポルトガルのギタリストでありマルチインストゥルメンタリストであり作曲家、レコードプロデューサーとして知られるヌーノ・ドゥアルテ・ジル・メンデス・ベッテンコート(Nuno Duarte Gil Mendes Bettencourt)は、90年代以降の多くのギタリストに影響を与え、ファンクメタルスタイルのパイオニアの一人として引用されています。

彼はボストンのロックバンドExtremeのリードギタリストとして知られるようになりました。彼はソロアルバムを録音したほか、Mourning Widows、Population 1、DramaGods、The Satellite Partyなどのバンドを設立しています。また、2007年にExtremeと再結成し、新しい音楽の制作とツアーを行いました。

ヌーノが関与したプロジェクトでは、Extremeとのディスコグラフィには『Extreme』(1989年)、『Pornograffitti』(1990年)、『III Sides To Every Story』(1992年)、『Waiting For The Punchline』(1995年)が含まれています。

2008年には、Extremeがワールドツアーと新作アルバム『Saudades de Rock』のために再結成しました。

ヌーノのソロアルバムには『Schizophonic』(1997年)、『Mourning Widows』(1998年)、『Furnished Souls For Rent』(2000年)があります。

2002年にはPopulation 1を結成し、2004年にはPopulation 1とEP『Sessions From Room 4』をリリースしました。2006年には、新しいバンドDramaGodsとのアルバム『Love』を発表しました。

その他の作品としては、2008年にヌーノは映画『スマート・ピープル』のサウンドトラックに参加しました。彼はサウンドトラックのカバーでもクレジットされています。また、同年にはテレビドラマ『恋するアンカーウーマン』のキャラクターであるマーシャル・エリクセンが歌う曲「Best Night Ever」の楽曲とビデオにも参加しました。そのビデオはExtremeの「More Than Words」のパロディであり、『恋するアンカーウーマン』の主要キャスト全員が出演しています。

1990年には、ヌーノはジャネット・ジャクソンのシングル「Black Cat」のリズムギターを担当しました。これは彼の最初のポップとのコラボレーションであり、全曲のヒットとなりました。

1991年には、ヌーノはバーキング・パンプキン・レコードからリリースされたドゥイージル・ザッパのアルバム『Confessions』のプロデュースを手がけました。このアルバムでは、彼自身が初めてリードボーカルを務めたバラード「The Kiss」や、他の曲でギターを演奏し、バックグラウンドボーカルも担当しました。また、Extremeのメンバーであるゲイリー・シェローンとパット・バジャーも貢献しました。

1993年には、映画『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』のために「Where Are You Going」を共同制作・プロデュースしました。また、ロバート・パーマーと一緒にスタジオで共演し、パーマーのアルバム『Honey』のレコーディングを行いました。元Journeyのリードシンガー、スティーブ・ペリーによれば、ヌーノは彼と共に曲の作曲と編曲に取り組んでいます。また、彼はMaverick Recordsのタントリック(ヌーノはTantricのヒットシングル「Hey Now」の共作を手がけました)、HollywoodレコーディンググループのBB Mak、トニー・ブラクストンなど、さまざまなアーティストとの作曲とレコーディングに関わっています。

ベビーアニマルズのシンガー、スーズ・デマーキともコラボレーションし、彼女と彼女のバンドメイトと共に活動しています。Baby Animalsのセカンドアルバム『Shaved and Dangerous』では、数曲をプロデュースし、「Because I Can」の共作を行いました。また、1999年には、デマーキのソロデビューアルバム『Telelove』の作曲、レコーディング、プロデュースに貢献しました。同じ年には、ポルトガルの歌手で女優のルシア・モニスのアルバム『Magnolia』のプロデュースも手がけました。また、このアルバムには彼自身が歌手兼ギタリストとして参加し、”Try Again”という曲が収録されています。

2006年、ヌーノと彼のバンドDramaGodsは、Slang Productionsが制作したチャリティアルバムプロジェクト『Artists for Charity—Guitarists 4 the Kids』に彼らの曲「S’OK」を提供しました。このプロジェクトはWorld Vision Canadaを支援し、困難な状況にある子供たちを助けるために行われました。

2009年11月、ヌーノはバルバドス出身の歌手リアーナと共に彼女の「Last Girl on Earth Tour」でリードギタリストとしてツアーに参加することを発表しました。それ以降、彼はリアーナのツアー、Loud(2010年)、777(2012年)、Diamonds World(2013年)を含むすべてのツアーで彼女のリードギタリストとして演奏しています。

2011年7月、Steel PantherはLoud誌に対して、ヌーノが彼らの新作アルバム『Balls Out』に何かしらの参加をする予定であると報告しました。そのコラボレーションの結果、トラック「It Won’t Suck Itself」が生まれ、ニッケルバックのフロントマン、チャド・クローガーも参加しました。

以上が、ギタリストであり編曲家、プロデューサーとして活躍するヌーノ・ベッテンコートの経歴の要点です。彼の音楽活動は多岐にわたり、数々のアーティストとのコラボレーションや自身のバンドでの活動など、幅広い分野で功績を残しています。彼の影響力は多くのギタリストに認められており、彼の音楽は今もなお多くの人々に愛されています。

last.fmより要約

ヌーノ・ベッテンコート/Nuno Bettencourt|Play&Music

Decadence Dance – Extreme

  • URLをコピーしました!

Amazonの買い物にはギフト券を活用!現金チャージがお得


チャージ金額通常会員プライム会員
5,000円〜0.5%1.0%
20,000円〜1.0%1.5%
40,000円〜1.5%2.0%
90,000円〜2.0%2.5%
※クレジットチャージは0.5%になるので注意!

\ 早く始めるほどお得が積み上がる /

詳しい手順はこちら!
  • こちらから買い物前にギフト券を現金でチャージ
  • 購入したいものを買い物かごへ
  • ギフト券で支払いを済ませる
  • 買い物する度に最大2.5%のポイントGET!
0 0 votes
機材の評価
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
目次