Pete Thorn/ピート・ソーンの使用機材【アンプ・ギター・エフェクター】

  • URLをコピーしました!

国内外で活躍するギタリストの愛用機材をまとめて取り上げる「プレイヤーズ・リグ」

今回はL.A.のプロギタリストでありながら、Youtubeで様々な機材の紹介も精力的に行っている

Pete Thorn/ピート・ソーン

自らを “GUITAR NERD”(オタク)と称するほどこだわり抜かれたサウンドメイキング。

自身のシグネイチャーモデルも多数登場しているピート・ソーンのギターやアンプ、エフェクターなど愛用機材をまとめて紹介!

目次

Pete Thorn/ピート・ソーン|Profil

Pete Thorn/ピート・ソーン
生年月日:1971年6月24日
出身:カナダ(アメリカ人)

Biography

プロフィールや経歴の詳細

10代後半には野心的なエドモントン出身の彼は、ギターを詰め込んで(カナダの)国境を越えてロサンゼルスの有名なミュージシャンズ・インスティテュートに通いました。卒業後、彼はLAを拠点とするバンドSurreal McCoysに参加し、Sony Music Japanと契約しました。Surreal McCoysは続かなかったものの、バンドのリードシンガーであるフランク・サイムス(Don Henley、Mick Jagger、Warren Zevon、Stevie Nicksなどとも共演)との仕事の経験が、この才能ある新人がロサンゼルスの音楽業界で貴重なつながりを築くきっかけとなり、長期的に報われることになりました。

1997年、ThornはSparkler(Giant Records)に参加し、Ami、Kevin Gilbert、Laura Hardingとも共演しました。1999年から2001年にかけて、彼はAdam Cohen(Columbia Records)、Blinker the Star(Dreamworks Records)、Evan and Jaron(Columbia Records)など、さまざまなアーティストと一緒にアメリカ、カナダ、ヨーロッパで広範なツアーを行いました。その後、Pop/RockバンドSnapdragon(Straightline/Atlantic)に参加し、The Family Jewelsをリリースしました。

2001年、ThornはシンガーソングライターのJohn OndrasikのバンドFive For Fighting(Aware Records)とツアーを行い、翌年にはカナダのオルタナティブロックバンドForty Foot Echoに加入しました。Forty Foot Echoのセルフタイトルのデビューアルバムには、ディズニー映画『フリーキー・フライデー』で使用されたシングル「Brand New Day」や、カナダのロックラジオでトップ10にランクインしたシングル「Save Me」が収録されています。

彼の履歴書にはさらに多くのクレジットが追加され、ThornはGrammy™を受賞したColumbia RecordsのアーティストRobi Draco Rosaとのツアーやレコーディングを行い、2006年にはマルチプラチナセールスのシンガーソングライターJewelとツアーをしました。さらに、彼はパンクロックディーバCourtney Loveと曲を書き、録音しました。その中には、2010年のHoleのアルバム『Nobody’s Daughter』に収録された曲もあります。

2006年、Thornは有名なプロデューサーのLinda Perryと定期的に共同作業を始め、彼女のロサンゼルスのKung Fu Gardensレコーディングスタジオでギターギアやアクセサリーのデモンストレーションを行うようになりました。彼はJames Blunt、Daniel Powter、Alicia Keys、Pinkなど、さまざまなアーティストの楽曲に参加しました。2007年には、元Soundgarden/AudioslaveのヴォーカリストChris Cornellのソロバンドに加入し、Carry OnとScreamのアルバムをサポートするためにアメリカ、カナダ、ヨーロッパ、オーストラリア、南米で広範なツアーを行いました。また、彼はCornellの2008年のアルバム「Scream」にもギタートラックを提供しました。その後、2009年にはEaglesの創設者であるDon Henleyのソロツアーバンドに参加しました。2011年にはMelissa Etheridgeの「Fearless Love」ワールドツアーに参加するように依頼されました。彼はEtheridgeとともに2013年まで活動し、その後はフレンチスーパースターのMylene Farmerと広範なヨーロッパツアーに出かけました。そして2014年と2015年には、Peterは日本のロックアイコンである長渕剛と複数のツアーや日本で最大のコンサートステージである富士山でのエピックなキャリアハイライトコンサートで10万人以上のファンの前で演奏しました!

2011年、Thornは自身の最初のソロアルバム『Guitar Nerd』をリリースし、ギターアルバムの先頭曲「Revenge of the Nerd」では、正確な演奏、ハンマリング、ワウペダル、ディストーション、高速タッピング、メロディックなラインなど、Thornの印象的なギタースタイル、サウンド、テクニックが詰まったソロを披露しています。また、「Into the Ether」では、クリーンで直球のストラトキャスターサウンドを披露し、ダイナミックなフィンガーピッキング、美しいアルペジオ、David Gilmour風のグリッサンド、そして努力を感じさせない大気感が特徴です。Thornの音楽的な範囲は、「Monster Movie」などのトラックでもさらに広がり、パンクテイストのグリッティなロックギターソロやリフが、私たち全員にエアギターを奏でさせます。

内なるギアのマニアとして、Thornは自身の人気のあるYouTubeチャンネルでギターギアやアクセサリーのデモンストレーションを行っています。しかし、世界の一流アーティストと共にギターを演奏し、あらゆるスタイルや変化を楽しむことへの一生涯の情熱が「ニュード」の資格となるのであれば、Pete Thornは確かに素晴らしいギターニュードです。

Pete Thorn.comより翻訳

Pete Thorn/ピート・ソーン|Play&Music

DIRTY TOWN

  • URLをコピーしました!

Amazonの買い物にはギフト券を活用!現金チャージがお得


チャージ金額通常会員プライム会員
5,000円〜0.5%1.0%
20,000円〜1.0%1.5%
40,000円〜1.5%2.0%
90,000円〜2.0%2.5%
※クレジットチャージは0.5%になるので注意!

\ 早く始めるほどお得が積み上がる /

詳しい手順はこちら!
  • こちらから買い物前にギフト券を現金でチャージ
  • 購入したいものを買い物かごへ
  • ギフト券で支払いを済ませる
  • 買い物する度に最大2.5%のポイントGET!
0 0 votes
機材の評価
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
目次