Philip Sayce/フィリップ・セイスの使用機材【アンプ・ギター・エフェクター】

  • URLをコピーしました!

国内外で活躍するギタリストの愛用機材をまとめて取り上げる「プレイヤーズ・リグ」

今回はイギリス・ウェールズより、スティーヴィー・レイヴォーンの魂を継ぐとも言われているブルース・ロック系ギタリスト

Philip Sayce/フィリップ・セイス

速弾きなどのテクニックももちろん、立ち振舞いを含めたパフォーマンスに惚れ惚れします。

そんなフィリップ・セイスのギターやアンプ、エフェクターなど愛用機材をまとめて紹介!

目次

Philip Sayce/フィリップ・セイス|Profil

Philip Sayce/フィリップ・セイス
生年月日:1976年6月3日
出身:イギリス・ウェールズ

Biography

1976年にウェールズで生まれ、その後カナダのトロントで育つ。両親の影響でエリック・クラプトンやジミ・ヘンドリックス、スティーヴィー・レイ・ヴォーンやジェフ・ベックなどを聞くようになり、自然にギターを手にするようになる。15歳でバンドを組み、16再の頃には地元のクラブで定期的にライヴを行うようになり、その類まれなるギター・ワークで、地元で知られた存在へと成長していく。
その彼のパフォーマンスがジェフ・ヒーリーの目に留まり、1997年、ジェフ・ヒーリー・バンドのメンバーとして3年半にも及ぶワールド・ツアーを経験する。その後LAへと移った彼は、プロデューサーのジョン・シャンクスを通してメリッサ・エスリッジと出会い、彼女のバンド・メンバーに加入、ツアーだけでなくアルバムの制作にも参加し、その名を一気に広めていく。グラミー賞はアカデミー賞といった大きな舞台での彼のパフォーマンスはオーディエンスのみならずその場にいた大御所アーティストからも賞賛を受ける。
そして2009年、ヨーロッパのレーベル、Provogueと契約を交わし、ソロ名義では初となるアルバム『PEACE MACHINE』を発表、新たな世代を牽引するギタリストとしてさらに大きな注目を集めるようになる。その後も2010年に『Innerevolution』、2011年に『Ruby Electric』、そして2012年に『Steamroller』とコンスタントに作品を発表、ZZ TOPやDEEP PURPLEのサポート・アクトを務めるなど、ヨーロッパを中心に活動を続けていく。2012年にはTHE ANSWERのサポート・アクトとして初来日公演も行っている。
2014年、彼はヨーロッパでまず『Influence』を発表、その後Warner Canadaと契約を交わし、2015年4月、同作品に2曲を追加した新ヴァージョンでリイシュー、ヨーロッパを中心とした活動から世界を視野に入れた活動を行う。特に北米では「まだ知られぬ逸材」として正式デビュー前から注目を集め、「カナダの新たなギター・ヒーロー」としての地位を手に入れつつある。

WARNER MUSIC JAPANより

Philip Sayce/フィリップ・セイス|Play&Music

Morning Star/Spanish Castle Magic

  • URLをコピーしました!

Amazonの買い物にはギフト券を活用!現金チャージがお得


チャージ金額通常会員プライム会員
5,000円〜0.5%1.0%
20,000円〜1.0%1.5%
40,000円〜1.5%2.0%
90,000円〜2.0%2.5%
※クレジットチャージは0.5%になるので注意!

\ 早く始めるほどお得が積み上がる /

詳しい手順はこちら!
  • こちらから買い物前にギフト券を現金でチャージ
  • 購入したいものを買い物かごへ
  • ギフト券で支払いを済ませる
  • 買い物する度に最大2.5%のポイントGET!
0 0 votes
機材の評価
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
目次