Tom Misch/トム・ミッシュの使用機材【アンプ・ギター・エフェクター】

  • URLをコピーしました!

国内外で活躍するギタリストの愛用機材をまとめて取り上げる「プレイヤーズ・リグ」

今回はイギリス・ロンドンより、ネオソウルを代表するギタリスト

Tom Misch/トム・ミッシュ

R&Bやソウル、ジャズなどのブラックミュージックの影響を受け、シンガー・プロデューサーとしても活躍。

そんなトム・ミッシュのギターやアンプ、エフェクターなど愛用機材をまとめて紹介します!

目次

Tom Misch/トム・ミッシュ|Profil

Tom Misch/トム・ミッシュ
生年月日:1995年6月25日
出身:イギリス・ロンドン

Biography

本名はトーマス・エイブラハム・ミッシュ。幼少よりヴァイオリンやギター、キーボードを始め、15歳からビートメイクに傾倒。2014年の『ビート・テープス1』をはじめとする自主制作作品や、FKJとのコラボ・トラック「ルージング・マイ・ウェイ」がYouTubeで500万超再生を記録するなど注目され、欧州や米ツアーも完売と高い人気を博す。2018年の『ジオグラフィ』でアルバム・デビュー。2020年にユセフ・デイズとの共作アルバム『ホワット・カインダ・ミュージック』をリリース。

TOWER RECORDSより

Tom Mischのプロフィールや経歴詳細

トム・ミッシュは謙虚に言います。「明らかに、私には音があり、人々はそれを聴くことができます」と。彼は多様なジャンルを試しているため、自分の音楽を特定するのは難しいと少し戸惑っているようです。「私の音楽は元気で、ソウルフルで、ファンキーであり、悲しいよりも幸せな要素が強いと思います。」これは彼の2018年に発売予定のデビューアルバムを完璧に表現した説明です。彼はヒップホップのビート、キラキラしたディスコ、そしてジャズの演奏を組み合わせた曲を作るのはミッシュしかできません。

ミッシュが驚いているのは、ファンベースが自然に形成されたからです。彼はビートを作り始めたときに大きな計画を立てるつもりはなかったし、16歳の時に週に約3曲のトラックをSoundCloudにアップロードしました。「音楽を作る方法やファンベースを築く方法には、より有機的なアプローチを好みます」と彼は考えています。「自分の音楽に大々的なプッシュをしたくないし、可能な限り大きくなりたくはありません。」それでも、彼は急速にイギリスで最もエキサイティングな新進アーティストの1人となり、Spotifyで月間リスナー110万人を獲得し、2016年にはイギリス、アメリカ、ヨーロッパで完売のツアーを行いました。彼はNovelist、Loyle Carner、Zak Abelなどの才能あるアーティストとコラボレーションし、現在までに全プラットフォームで総再生回数7500万回以上を記録しています。そして、すべては彼の自室で始まりました。

ミッシュは芸術的な家族から音楽の世界に触れる機会を得ました。彼の父親は熱心なヴァイオリニストであり、子供の頃にコンサートやオペラに連れて行ってくれました。彼は学校の合唱団で歌い、4歳の時に自分でバイオリンを始めました。姉の一人がギターを始めたが後にやめたとき、9歳のミッシュはそのギターを引き継ぎ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズやニルヴァーナの曲を自己流で演奏することを学びました。現在はベース、バンジョー、そしてキーボードも演奏します。

彼の音楽への最初の接触は、姉の彼氏が15歳の時に彼にJ Dillaの音楽を紹介したことから始まり、それ以来、彼はその魅力に取り憑かれました。彼は翌年、学校で音楽技術を学び、Logic Proで自身の「とてもリラックスした、ブームバップ風の90年代のヒップホップ」を作り始めました。「学校にいないときは、ビートを作っていました。それが私のやることだったんです。」彼は自分の曲をSoundCloudで共有し始めると、反応は圧倒的でした。「曲を公開してファンベースを築いていくことは、何か中毒性があります。」

彼の姉であるローラとのコラボレーション曲「Follow」は、彼ら兄妹にとって大きな転機となりました。この曲は、ローラがサックス、トムがビートとボーカルを担当し、絡み合って魅了的な効果を生み出しています。「それが私がキャリアとしてこれをやっていけるかもしれないと思った瞬間でした。急に再生回数が10万回になりました」とミッシュは振り返ります。直後に、Soulectionの共同創設者であるジョー・ケイがSoundCloud上のミッシュの制作にコメントし、ティーンエイジの天才を自身のラジオ番組にゲストとして招待しました。

その後すぐの2014年、ミッシュはSoulectionのWhite Labelシリーズに貢献し、マイナーなジャズのサンプル、ギター、ボーカルを織り交ぜ、完璧な夏の聴きものを作り上げました(夢のような人気曲「The Journey」も含まれています)。彼のBeat Tapeシリーズは彼のヒップホップのインストゥルメンタルのベストをまとめ、5 Day MischonプロジェクトではグライムMCのNovelistやシンガーソングライターのZak Abelとのコラボレーションを特集しました。そして、2016年のReverie EPでは、ミッシュの最も洗練された楽曲が公式にリリースされました。ソウルフルな歌手のCarmodyやJordan Rakeiとのコラボレーションに加えて、彼は南ロンドン出身のLoyle Carnerとも協力関係を築きました。彼の穏やかなラップがミッシュの制作に心地良く広がります。彼ら両者は、キング・クルールやコスモ・パイクを含む南東ロンドン出身のシンガーソングライターのハイプが高まっているシーンの一部を形成しています。彼らはDIYの精神を持ち、詩的な歌詞のアプローチで繋がっています。「確かに特定のサウンドがあります」とミッシュは振り返ります。「南ロンドンのみんなの音楽はとてもリラックスしています。それはこの地域の雰囲気を反映しています。リラックスしています。」

ミッシュは一生を通じて南ロンドンに住んでおり、彼はそれをとても愛しています。新曲「South of the River」は彼がそれに捧げたものです。「私は南ロンドンの一般的な雰囲気が好きです。ペックハムやダリッジ、フォレストヒル、この地域が大好きです。南側に来るべきだよというフレーズを歌うことは、とても良い感じがしました。」弦のアレンジがディスコのシンセサイザーとファンキーなベースラインに反応し、ミッシュの踊りたくなる新しい方向性を明確に示しています。

ミッシュの音楽に最も大きな影響を与えたのは長い間ジャズでした。ジャズギターの学位を持つミッシュは、Robert Glasper、Roy Hargrove、Cory Henryなどの熱心なリスナーであり、D’AngeloやErykah Baduなどのジャズに影響を受けたソングライターも聴いています。「特定のコード進行を聴くと、ほんのりと温かい気持ちがします」と彼は説明します。

彼のデビューアルバムの制作において、彼はまたディスコ、ハウス、テクノからのインスピレーションを得ています。
Last.fmより翻訳)

Tom Misch/トム・ミッシュ|Play&Music

It Runs Through Me

  • URLをコピーしました!

Amazonの買い物にはギフト券を活用!現金チャージがお得


チャージ金額通常会員プライム会員
5,000円〜0.5%1.0%
20,000円〜1.0%1.5%
40,000円〜1.5%2.0%
90,000円〜2.0%2.5%
※クレジットチャージは0.5%になるので注意!

\ 早く始めるほどお得が積み上がる /

詳しい手順はこちら!
  • こちらから買い物前にギフト券を現金でチャージ
  • 購入したいものを買い物かごへ
  • ギフト券で支払いを済ませる
  • 買い物する度に最大2.5%のポイントGET!
0 0 votes
機材の評価
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
目次