【厳選】おすすめトランスペアレント系オーバードライブまとめ!【名機から最新エフェクターまで】

  • URLをコピーしました!

6月26日01:59までの期間限定

\ エントリーはこちら! /

\ サウンドハウスお姉さんに会いに行く /

よく会うお姉さん

次回もぜひサウンドハウスをご利用くださいませ。

いつのまにやら1つのカテゴリーを確立し、耳にすることが本当に多くなった

トランスペアレント系

直訳すると「透明系」。

この記事では、改めてトランスペアレント系オーバードライブの特徴や経緯を振り返るとともに、歴代の名機から最新モデルまでおすすめを厳選してご紹介!

目次

トランスペアレント系オーバードライブとは?

トランスペアレント系オーバードライブとは、よく「透明感のある歪み」などと言われます。

いったい「透明感」とは何なのか?

音がクリアであることはもちろん、元のサウンドを脚色せず、アンプ感を損なわないもの、というのが大枠の定義。

「ギターとアンプの音は変えずに、もう少し輪郭をはっきりと、かつグッと前に出したい」

なんていうときによく使用されますね。

トランスペアレント系オーバードライブ|カテゴリー化した背景

そんなトランスペアレント系がここまで主流派になりつつあるのはなぜなのか?

絶対的な正解はないかもしれませんが、昨今の楽曲づくりの共通点として

ギターが主役ということはあまりなく、電子音などより複雑化するサウンドの中で、馴染みやすく調和する音色が求められているから

という理由は挙げられるでしょう。

たしかに、ゴリゴリに歪んだギターを弾く若者世代は昔に比べて減っているように感じますよね。

また、トランスペアレント系が持つ音のクリアさが、昨今のデジタル機器、レコーディング機器とも相性が良い、という声もあるようです。

トランスペアレント系オーバードライブ|おすすめモデルを厳選

Paul Cohcrane / Timmy Overdrive

「トランスペアレント系オーバードライブ」の先駆けとして人気を博したオーバードライブペダル。パッシブの2バンドEQをGAIN回路の後段に配置することで、歪ませても極端にサウンドが変化しないよう設計されています。

極めて原音に忠実でレスポンスが非常に良いオーバードライブとして、日本国内でも売れ続けているモデル。

\ サウンドハウスお姉さんに会いに行く /

よく会うお姉さん

次回もぜひサウンドハウスをご利用くださいませ。

  • URLをコピーしました!

Amazonの買い物にはギフト券を活用!現金チャージがお得


チャージ金額通常会員プライム会員
5,000円〜0.5%1.0%
20,000円〜1.0%1.5%
40,000円〜1.5%2.0%
90,000円〜2.0%2.5%
※クレジットチャージは0.5%になるので注意!

\ 早く始めるほどお得が積み上がる /

詳しい手順はこちら!
  • こちらから買い物前にギフト券を現金でチャージ
  • 購入したいものを買い物かごへ
  • ギフト券で支払いを済ませる
  • 買い物する度に最大2.5%のポイントGET!
0 0 votes
機材の評価
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
目次