【比較】Positive Grid 人気家庭用アンプの違いと選び方 Spark・Spark MINI・Spark GO【おすすめ用途は?】

  • URLをコピーしました!

高品質なモデリングとスマホ連携による高い機能から

飛ぶ鳥を落とす勢いで売れ続けている

Positive Grid Spark シリーズ

自宅練習用や持ち出し用など、「1台欲しい!」と思われる方も多いはず。

今回はそんな人気アンプ、Sparkシリーズの違いや特徴、選び方についてまとめました!

目次

About Positive Grid|ブランドについて

ポジティブグリッドはソフトウェアプラグインやハードウェアを手掛けるアメリカ・カリフォルニアのブランド。

今では家庭用デジタルアンプで絶大な人気を誇り、ハードウェアでも見かけることも多くなりましたが、もともとはソフト領域が強みでした。

プロのアーティストや作曲家御用達のBias Amp・Bias FXといった有名プラグインを開発してきたメーカーです。

ソフトで培ったノウハウを、ハードではデジタルアンプにも余すことなく活用し、話題を呼ぶ製品を続々と展開しています。

Positive Grid 違いと選び方|早わかり比較表

スクロールできます
モデルSparkSpark MINISpark GO
サイズ350 x 180 x 190 mm146.5 x 123 x 165 mm125 x 85 x 45
重量5.2 kg1.5 kg346 g
主な機能Smart Jam
Auto Chord
チューナー機能
USBオーディオインターフェイス
専用アプリ対応
サウンドモデリングアンプ:33種
エフェクト:43種
※アップデートにより随時追加
操作系アンプ・タイプ
ゲイン/ベース/ミドル/トレブル/モジュレーション/ ディレイ/リバーブ/アウトプット・ボリューム
ミュージック・ボリューム
プログラム可能なプリセット・ボタン(4つ)
タップ/チューナー・ボタン
プリセット・セレクター
ギター・チャンネル・ボリューム
ミュージックチャンネルボリューム
プリセット・セレクター
ギター・チャンネル・ボリューム
ミュージックチャンネルボリューム
アンプ40W クラスD アンプ10W クラスD アンプ5W クラスD アンプ
スピーカー4インチカスタムデザインスピーカー:2機2インチカスタムデザインスピーカー:2機
パッシブラジエーター:1機
2インチカスタムデザインスピーカー:1機
パッシブラジエーター:1機
Bluetooth対応
端子1/4″ ギター・インプット
1/8″ Aux インプット
1/8″ ヘッドホン
1/4″ ギター・インプット
1/8″ ヘッドホン
バッテリー非対応最大8時間(※音量 中以下時)最大8時間(※音量 中以下時)
用途周囲への騒音がほとんど気にならない環境での自宅練習用
ミニライブ・セッション
最も汎用性が高いバランス型
ある程度音は出せるが、少し気を遣う自宅練習用
持ち運び用のサブ機
壁の薄いアパートなど
ほとんど音出しできない環境での自宅練習用
持ち運び用のサブ機
参考価格44,000円(税込)35,500円(税込)24,200円(税込)
購入 Amazon
楽天
Sound House
Amazon
楽天
Sound House
Amazon
楽天
Sound House
各製品の比較

Positive Grid 違いと選び方|参考動画

SparkとSpark MINI

  • URLをコピーしました!

Amazonの買い物にはギフト券を活用!現金チャージがお得


チャージ金額通常会員プライム会員
5,000円〜0.5%1.0%
20,000円〜1.0%1.5%
40,000円〜1.5%2.0%
90,000円〜2.0%2.5%
※クレジットチャージは0.5%になるので注意!

\ 早く始めるほどお得が積み上がる /

詳しい手順はこちら!
  • こちらから買い物前にギフト券を現金でチャージ
  • 購入したいものを買い物かごへ
  • ギフト券で支払いを済ませる
  • 買い物する度に最大2.5%のポイントGET!
0 0 votes
機材の評価
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
目次