John Mayer/ジョン・メイヤーの使用機材【アンプ・ギター・エフェクター】

  • URLをコピーしました!

2007年のアメリカRolling Stone誌でジョン・フルシアンテ、デレク・トラックスとともに「現代3大ギタリスト」に選定された

John Mayer/ジョン・メイヤー

2004年には”Daughters”でグラミー賞受賞。

ギターのテクニックのみならず、曲づくりのセンス、ボーカリストとしての表現力、ビジュアル等々。

総合的に世界最高峰のアーティストであることは間違いありません。

そんなジョンメイヤーのギター、アンプ、エフェクターなど愛用機材をご紹介!

目次

John Mayer/ジョン・メイヤー|Profil

John Mayer/ジョン・メイヤー
生年月日:1977年10月16日
出身:アメリカ・コネチカット州

Biography

●1977年、米コネチカット州生まれ。

●13歳の時にスティーヴィー・レイ・ヴォーンに感銘を受け、ブルーズを志す。19歳で名門バークレー音楽院に入学するも、数ヶ月でドロップ・アウト。

●1999年、アトランタで自主制作盤『インサイド・ウォンツ・アウト』を発表。

●2000年、ライヴの評判が高まりAWARE/COLUMBIAと契約、

●2001年6月5日, インディーズ盤『ルーム・フォー・スクエア』をリリース。

●予想以上の反響を受け、COLUMBIAが収録楽曲をリミックスしなおし、新曲も追加する形で同年9月18日に再リリース。アルバムは全米最高位8位にランクされ、「ユア・ボディ・イズ・ワンダーランド」で第45回グラミー賞”最優秀男性ポップ・ヴォーカル”を受賞。現在まで全世界で400万枚を超えるセールスを記録している。

●2003年9月、2ndアルバム『ヘヴィアー・シングス』リリース。発売週で30万枚以上を売り上げ、全米No.1に。第47回グラミー賞ではシングル「ドーターズ」で”最優秀楽曲”と”最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス”を受賞。

●2003年12月、初来日公演を敢行。

●2006年、3rdアルバム『コンティニュアム』をリリース。第49回グラミー賞”最優秀男性ポップ・ヴォーカル・アルバム”と「ウェイティング・オン・ザ・ワールド・トゥ・チェンジ」で”最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス”の2部門受賞。 同年、1日限りの来日公演を慣行。

●2008年8月、ライヴ・アルバム『ホウェア・ザ・ライト・イズ・ライヴ・イン・ロスアンゼルス』をリリース。

●2009年9月、4thアルバム『バトル・スタディーズ』を発表、全米チャート堂々初登場1位に輝く。翌10年には、4年ぶり3度目の来日が実現、大成功を収めた。

●2012年6月、5thアルバム『ボーン・アンド・レイズド』をリリース。 全米アルバム・チャートで堂々2週連続1位を記録。しかしアルバム発売後まもなく、喉の手術を受けることとなり、予定されていたツアーは余儀なくキャンセルとなった。

●2013年には奇跡の復活を遂げ、6thアルバム『パラダイス・バレー』をリリース。全米2位を記録。同年7月からは実に3年ぶりのツアーを開始し、翌2014年春には来日公演を実現させ、武道館と大阪城ホールを大いに沸かせた。

●2017年4月、7thアルバム『ザ・サーチ・フォー・エヴリシング』をリリース。全米2位を記録。

●2018年5月、新たにシングル「ニュー・ライト」をリリース。

●翌2019年にもシングル「アイ・ゲス・アイ・ジャスト・フィール・ライク」と「キャリー・ミー・アウェイ」を立て続けにリリース。同年4月、5年ぶりの来日公演が実現、日本武道館2daysではエド・シーランが飛び入り参加するなど、大盛況となった。

●デビュー20周年を迎えた2021年6月、8thアルバム『ソブ・ロック』が7月にリリースされることが発表。6月4日にはニュー・アルバムに先駆けて新曲「ラスト・トレイン・ホーム」をリリースされた。

John Mayer/ジョン・メイヤー|Play&Music

Belief – Live in LA

  • URLをコピーしました!

Amazonの買い物にはギフト券を活用!現金チャージがお得


チャージ金額通常会員プライム会員
5,000円〜0.5%1.0%
20,000円〜1.0%1.5%
40,000円〜1.5%2.0%
90,000円〜2.0%2.5%
※クレジットチャージは0.5%になるので注意!

\ 早く始めるほどお得が積み上がる /

詳しい手順はこちら!
  • こちらから買い物前にギフト券を現金でチャージ
  • 購入したいものを買い物かごへ
  • ギフト券で支払いを済ませる
  • 買い物する度に最大2.5%のポイントGET!
0 0 votes
機材の評価
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
目次