Van Halen / ヴァン・ヘイレンの使用機材【アンプ・ギター・エフェクター】

  • URLをコピーしました!

国内外で活躍するギタリストの愛用機材をまとめて取り上げる「プレイヤーズ・リグ」

ハードロックを代表する歴史的ギタリストであり、80年代ハードロック・シーンの頂点を極めた

Van Halen / ヴァン・ヘイレン

ロックなリフにキャッチーなメロディーやシンセ系サウンドとの融合

ライトハンド奏法やハーモニクスアーミングなど、音楽性、技術ともに多大な影響を与えたことは間違いありません。

そんなヴァン・ヘイレンのギターやアンプ、エフェクターなど愛用機材をまとめて紹介!

目次

Van Halen / ヴァン・ヘイレン|Profil

Edward Van Halen / エドワード・ヴァン・ヘイレン
生年月日:1955年1月26日
出身:オランダ(アメリカ)

Biography

エドワード・ヴァン・ヘイレンは1955年にオランダで生まれ、12歳の時にカリフォルニアへ移住しました。音楽一家に生まれた彼は幼少期から楽器に触れ、ギタリストとしての才能を発揮しました。

エドワードとアレックスのヴァン・ヘイレン兄弟によって結成されたロックバンド、ヴァン・ヘイレンは、1972年にパサディナシティカレッジでの活動を始めました。その後、1977年にメジャーデビューを果たし、翌年にはデビュー曲「ユー・リアリー・ガット・ミー」が大ヒットしました。バンドはデビューアルバム「炎の導火線」の成功により、急速に人気を博しました。

ヴァン・ヘイレンはハードロックのジャンルに分類されますが、兄弟のクラシック音楽の影響を受け、さまざまなジャンルを取り入れていきました。特に1983年のヒット曲「ジャンプ」は、当時斬新なシンセサイザーのサウンドが特徴でした。また、ヴァン・ヘイレンはオールディーズのカバーでも評価されています。

1984年にはアルバム「1984」をリリースし、キャリアの頂点に立ちました。しかし、翌年にはボーカルのデイヴィッド・リー・ロスが脱退し、バンドは低迷期に突入しました。1999年には2代目ボーカルのサミー・ヘイガーも脱退し、バンドは混乱の時期を迎えました。

それでも2012年には「ア・ディファレント・カインド・オブ・トゥルース」でカムバックし、2010年代にはライブ活動を中心に復活しました。しかし、2020年にエドワードと初代ベーシストのマーク・ストーンが亡くなり、ヴァン・ヘイレンは実質的に解散となりました。

しかし、エディは長期的なリハビリテーションを余儀なくされる病気や腰痛に悩まされ、バンドの内部の不和も解散の危機にさらしました。しかし、彼らはデイヴィッド・リー・ロス氏を再び迎え入れ、息子のウルフギャング・ヴァン・ヘイレン氏もバンドに加入させ、新たな体制での活動を再開しました。

エディは還暦を迎えてもなお音楽活動を続け、数々のステージで輝きを放ちました。しかし、2020年10月6日、彼はガンのため65歳でこの世を去りました。彼のギタリストとしての才能と創造性は、多くの人々の心に深く刻まれています。

その卓越した演奏技術と独自の音楽性により、世界中で多くのファンを魅了しました。彼らの功績は永遠に語り継がれ、ロックンロールの歴史において重要な一章として位置づけられています。

Van Halen / ヴァン・ヘイレン|Play&Music

Jump

  • URLをコピーしました!

Amazonの買い物にはギフト券を活用!現金チャージがお得


チャージ金額通常会員プライム会員
5,000円〜0.5%1.0%
20,000円〜1.0%1.5%
40,000円〜1.5%2.0%
90,000円〜2.0%2.5%
※クレジットチャージは0.5%になるので注意!

\ 早く始めるほどお得が積み上がる /

詳しい手順はこちら!
  • こちらから買い物前にギフト券を現金でチャージ
  • 購入したいものを買い物かごへ
  • ギフト券で支払いを済ませる
  • 買い物する度に最大2.5%のポイントGET!
0 0 votes
機材の評価
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
目次